上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
それにしても現品処分セール。すげー売れたなぁ。まぁ何人かがバカ買いしてっただけな気もするが。俺の狙ってた イサムノグチ &コルビジェもあっとゆう間だったし。さてさて、眠いけど。今すぐ寝て4時に起きるチョイスにトライするか
http://blog.livedoor.jp/shindys/archives/50614959.html
イサムノグチ 」のお話しようかなと思います。彼の作品については色々と意見の分かれるところですしそういった批評は専門の方にお任せして・・・(笑)私個人の感覚を大事しながらお話したいと思います。 彼の作品は多岐にわたって
http://ameblo.jp/ilovekimono/entry-10013907898.html
イサムノグチ は米国では最も著名な彫刻家の1人でした。彼は1904年、カリフォルニア州のロサンゼルスに生まれました。父は宗教家、詩人、浮世絵の研究家である日本人、母はスコットランド系のアメリカ人の作家。13歳まで日本で暮らし
http://icasa02.seesaa.net/article/19624196.html
イサムノグチ 展(横浜美術館)に行ってきました。昨年、東京都現代美術館でのイサムノグチ展には行けなかったので、どっかで機会があれば見ておきたかったのです。好きとか嫌いとか以前にちゃんと見てみないとなんとも言えないなと
http://blog.goo.ne.jp/aohie/e/ca6b99b6ae538436bc4afa2f64c04100
横浜美術館に行ってきた。雑誌のインテリア特集なんか見てるとよく目にする イサムノグチ 。テーブルやソファ、一番有名なのは照明でしょうか 展覧会に行って知ったんだけど、ノグチさんは彫刻家だそうです。ブロンズや木、石なんか
http://blog.goo.ne.jp/chron-gen/e/5d45feeb0885bb7f35fe4ea627e73459
昨日は、青山に行き、草月流本部の教室に参加した。行ってみたら、今日のテーマが出ていて、「松を生けて、松に見えたら駄目でしょう」という イサムノグチ の言葉を自分流に解釈していけよ、などと書いてある。
http://hanadaisuki.seesaa.net/article/15516886.html
写真はクイーンズスクエア横浜にあるオブジェ。みなとみらいって初めて行きましたが不思議なところです。横浜美術館 次回の展覧会は 「 イサムノグチ ―世界をつなぐ彫刻」展(仮称) 2006年4月15日(土)~6月25日(日)
http://ouchi.tea-nifty.com/walk/2006/03/post_742a.html
イサムノグチ (上〉―宿命の越境者 日本のノグチ庭園美術館にも行きたくなったし、自分の子供にイサムって名づけようかと思ったぐらい感化された。読み終わって心を落ち着かせてから、「芸術性はすごいけど、女ったらしだし
http://blog.livedoor.jp/astrogirl_2004/archives/50321720.html
今年も イサムノグチ ... ・イサム・ノグチ 世界をつなぐ彫刻(横浜美術館) 4/15 - 6/25 昨年の東京都現代美術館の『イサム・ノグチ展』ができすぎだっただけに、かなりのプレッシャーになっているのでしょうか、未だに
http://blog.goo.ne.jp/lysander/e/8d1bf2cae7792e31e981620a0f14196c
スポンサーサイト
イサムノグチ テーブルコメント(0)TOP↑

イサムノグチ 激安 最新情報

イサム・ノグチ(上)

最新情報!

最新の記事

イサムノグチ設計

イサムノグチ AKARI

イサムノグチ テーブル

リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。